入院のご案内 入院のご案内

入院のご案内

病棟のご紹介

地域包括ケア病床とは

地域包括ケア病床では、レスパイトケアやご自宅または施設で急に具合が悪くなった方、急性期病院にて症状が安定したもののすぐに在宅復帰することに不安な方や症状に不安があり集中してリハビリテーションを受けたい方など、患者さんの疾患を問わず、在宅復帰を目指す方であればどなたでも受け入れを行っています。

地域包括ケア病床とは

安心して在宅復帰ができるように、患者さんが持つ疾患に対する治療はもちろん、患者さんの在宅復帰を支援するためのリハビリテーションを提供しています。また、退院後の生活に合わせ、施設紹介や訪問看護、デイサービスなどの介護サービスのご提案などを行っています。

一般病棟とは

急性期疾患の治療・回復を目的とした病棟です。検査・手術が必要な場合や肺炎・感染症など集中的な治療が必要な時期から安定する時期までの方を受け入れ、早期から理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が、日常生活動作の向上を目的としたリハビリテーションを行い、患者さんの早期退院・在宅復帰を支援します。

病棟の特長

急性期治療(Acute Care)

各種疾患患者の急性期入院治療を行っています。外科、内科、整形外科、眼科の疾患を対照とした混合病棟になります。救急搬送患者さんの受け入れや、手術が必要な患者さんなどの総合的な診察ならびに治療を行っています

亜急性期治療(Sub Acute Care)

救命救急処置が必要な急性期だけでなく、在宅療養や施設入所している患者さんの状態が悪化した場合(亜急性期)の受け入れも積極的におこなっています。主治医や施設スタッフからご連絡をいただき迅速に入院受け入れを行います。入院直後から積極的な治療を行い早期の退院を目指します。即日入院にも対応いたします。

手術治療(Operation)

当院は脳神経外科、整形外科、眼科の各診療科における手術治療を行っています。一般病棟ではこれらの手術を受けられる患者の受け入れ、手術前後の管理(周術期管理)を複数の医療スタッフによるチーム医療で行っています。

集団リハビリテーション・リハビリテーション

365日継続したリハビリテーションの提供を行っています。 疾患、患者さんの状態に合わせ、作業療法士(OT)、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)がそれぞれ連携しリハビリを提供いたします。また、手術患者さん(脳神経外科手術や整形外科関節手術等)に対しては術前からリハビリを行い、術後も手術の内容・回復の状態に合わせ、きめ細かいリハビリテーションを提供いたします。

他病棟との連携

急性期治療後にさらなるリハビリテーションが必要となった場合には、疾患、状態に応じて地域包括ケア病棟での継続したリハビリテーションも検討します。 一方、地域包括ケア病棟の患者が急性期治療が必要となった場合の一般病床への受け入れも迅速に対応しています。

退院支援

退院に際しては、担当医だけでなく、地域連携室スタッフ(ソーシャルワーカーや専属看護スタッフ)とも密接な連携をとりながら、患者さん、ご家族、関連施設やケアマネージャーも交えて調整をさせて頂きます。

障害者施設等一般病棟とは

障害者施設等病棟では、主に重度の透析患者さんの受け入れを行っています。1階上の透析室との連携を密にしており、安心して入院生活が送れるよう配慮しています。また、重度の意識障がいや脊髄損傷などの重度肢体不自由の方、神経難病などに罹患された方も入院対象となります。人工呼吸器管理を必要とされる方をはじめ、さまざまな病態の患者さんが療養されています。

病棟の特長

急性期後の治療を引き継ぐ

高度急性期後の患者さんの病状に対応し、きめ細やかな医療提供できる体制を整えております。患者さんの状態に応じて、必要な期間、医療・介護・リハビリを総合的に提供できる病棟です。

積極的なリハビリテーション

在宅復帰のために欠かせないのがリハビリテーションです。
当院の地域包括ケア病床では、独自の取り組みにより積極的なリハビリテーションを行っております。

チーム医療の徹底

多職種でのカンファレンスを毎月開催しています。治療やリハビリテーション、栄養面についての話し合いを行い、治療方針や目標を共有することにより、1人1人の患者さんに最も適した良質な医療を提供いたします。

医療療養病棟とは

医療療養病棟は、急性期の治療を終えた後も、引き続き中長期的な治療が必要な方が主な入院対象となっている病棟です。ほかの回復期病院や在宅系施設からの受け入れも行っています。重症の患者さんや呼吸器をつけられた方はもちろん、ターミナル(終末医療)の患者さんも入院しています。
当病棟は長期入院だけではなく、在宅復帰を目指す病棟でもあります。ご自宅もしくは施設への復帰を目標に、その方に適したリハビリテーションと治療を行い、早期の在宅復帰を目指しています。

安心して在宅復帰ができるように、患者さんが持つ疾患に対する治療はもちろん、患者さんの在宅復帰を支援するためのリハビリテーションを提供しています。また、退院後の生活に合わせ、施設紹介や訪問看護、デイサービスなどの介護サービスのご提案などを行っています。

病棟の特長

リハビリに専念できる環境

高度急性期病院での治療が終わったもののすぐに在宅復帰できない患者さんに対して、集中的な治療と積極的なリハビリテーションを行っています。

積極的なリハビリテーション

1対1で行われる個別のリハビリテーションでは、それぞれの患者さんに合わせたプログラムを提供しています。複数人で行う集団でのリハビリテーションでは積極的に離床を促し、みなさんで一緒に行う体操やレクリエーションを主に行っています。

退院後も続くケア

在宅復帰あるいは介護施設に退院後も、誤嚥性肺炎や尿路感染などで治療を要する状態となった場合、迅速に入院受け入れが出来るよう体制を整えております。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-278-2461
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る